Sustainable Consumption & Production


Displaying 1 - 20 of 70
In Journal of Industrial Ecology

This study quantifies the environmental impacts and impact reductions related to wood consumption in Japan from 1970 to 2013 using material flow analysis and life cycle assessment...

Author: 
Chihiro
KAYO
Sebastien
M.R.DENTE
Daisuke
TANAKA
Shinsuke
MURAKAMI
Seiji
HASHIMOTO
Peer-reviewed Article
English
April 2018 Topics:

本研究では、既存の環境効率指標の整理・分析を行いつつ、財・サービスが生み出す付加価値と環境負荷の関係性を評価・分析し、新たな環境効率指標の開発を行う。さらに、日本の環境効率を時系列で推計し、推移の要因分析を行う

Author: 
Seiji
HASHIMOTO
Sebastien
M.R,DENTE
Daisuke
TANAKA
Chihiro
KAYO
Shinsuke
MURAKAMI
Commissioned Report
Japanese
March 2018 Topics:
In IEEE Xplore Digital

Motorization has increased sharply forced by economic growth couple with poor public transport services especially at urban areas in Asian cities. A transition process to a private...

Author: 
Regan Leonardus
KASWANTO
Hadi Susilo
ARIFIN
Nurhayati
ARIFIN
Aris
MUNANDAR
Mochamad
MUCHTAR
Kei
GOMI
Tsuyoshi
FUJITA
Peer-reviewed Article
English
March 2018 Topics:

サーキュラーエコノミー(循環経済)と資源効率をめぐるEU・国際政策動向に基づき、その動向や政策の概要にくわえ、日本企業への影響などを議論。

Author: 
Presentation
Japanese
March 2018 Topics:

商品作物の国際的サプライ・チェーンが途上国の森林減少に大きな影響を与えている。森林破壊に由来する商品作物を原料として利用する企業に対する批判が高まり、これに対応して森林減少を伴わない形で生産された作物をサプライ・チェーンの中で取り扱う「ゼロ・デフォレステーション」の取り組みが始まっている。2014年に「森林に関するニューヨーク宣言」...

Briefing Note
Japanese
February 2018 Topics:
In Resources, Conservation & Recycling

Methodology development on macro-level environmental impact associated with material use in Japan.

Author: 
Sébastien
M.R.DENTE
Daisuke
TANAKA
Seiji
HASHIMOTO
Peer-reviewed Article
English
December 2017 Topics:

資源効率・循環経済(サーキュラーエコノミー)に関する欧州政策・国際機関等の動向に関する講演。サーキュラーエコノミー(循環経済)と資源効率をめぐるEU・国際政策動向、サーキュラーエコノミー(循環経済)とは、EUサーキュラーエコノミー政策パッケージ概要、欧州各国+動向、日本の循環型社会との違い、企業へのインパクトと今後の方向性、海外企業動向例などについて報告。...

Author: 
Presentation
Japanese
December 2017 Topics:

ECサーキュラーエコノミー(循環経済)政策パッケージの内容についての解説

Author: 
Non Peer-reviewed Article
English
November 2017 Topics:

欧州の資源効率・循環経済(サーキュラーエコノミー)政策の動向-バイオ産業との関連性についての講演。サーキュラーエコノミー(循環経済)と資源効率をめぐるEU・国際政策動向、サーキュラーエコノミー(循環経済)定義、EUサーキュラーエコノミー(循環経済)政策パッケージ概要、
欧州各国や企業の動向例、今後の方向性などについて報告。

Author: 
Presentation
Japanese
October 2017 Topics:

At 13th APRSCP meeting, S-16 research group organized a round table session titled "SCP Challenges and Opportunities from Four Perspectives – Resources, Lifecycle, Lifestyle,...

Author: 
Tetsuya
TSURUMI

持続可能な生産と消費(SCP)は、「消費と生産システムが環境に及ぼすネガティブな影響を最小化しつつ、すべての人にとっての生活の質の向上を目指す包括的なアプローチ」と定義され、非常に包括的で広範な政策概念である。SCPに関連して、2015年に「持続可能な開発目標(SDGs)」とパリ合意と言う2つの国際合意がなされたことは注目すべきである。いずれの場合も、...

Author: 
Frontpage
In Resources

Sustainable Consumption and Production (SCP) was adopted as a stand-alone goal and reflected as one of the cross-cutting objectives of the Sustainable Development Goals (SDGs), with...

2010年代に入って、現在の環境政策のベースとなっている効率性改善を重視するアプローチから、資源利用・エネルギー利用の総量抑制を意識した充足性アプローチを重視する動きが出てきている。2015年には持続可能な開発目標(SDGs)とパリ協定が採択され、いずれも無限の資源、環境容量を前提としない社会経済を目指すものである。本研究における充足性アプローチは、...

Sustainable Consumption and Production (SCP) has gained increasing importance to sustainability policy, featuring prominently in global policy frameworks, including the United...

Developing methodology to evaluate decoupling economic growth from environmental impacts of materials use in Japan. The study estimates environmental impact at macro level...

Author: 
Sébastien
M.R.DENTE
Daisuke
TANAKA
Chihiro
KAYO
Shinsuke
MURAKAMI
Seiji
HASHIMOTO
Conference Proceeding
English
June 2017 Topics:

Policy intervention towards sustainable consumption is thus important in shifting the demand side/civil sector towards a sustainable socio-techno regime. i.e. altering provision...

During the 9th WPRPW meeting of OECD, food waste prevention and good practices in assessing the related policies were discussed in a roundtable session.
From Japan, Hotta from...

Author: 
MOEJ
Submission to Policy Process
English
June 2017 Topics:

平成28年度環境研究総合推進費「アジアにおける資源環境制約下のニーズ充足を目指す充足性アプローチへの政策転換(課題番号:S-16-3)」による研究の初年度報告書である。研究は、IGES、九州大学、南山大学の3研究機関の共同研究として実施した。

Author: 
Shunsuke
MANAGI
Tetsuya
TSURUMI
Commissioned Report
Japanese
May 2017 Topics:
Frontpage

SDGs やパリ協定の実施へ向けて開発協力のあり方は大きな転換点にある。SDGs における目標間のトレードオフおよび両合意による大幅な低炭素化・資源効率性の向上という要請を踏まえ、途上国・新興国・先進国それぞれにおいてライフスタイルやビジネスモデルを含めた経済社会と生産・消費パターンの変革が求められている。本論説では、SDGs...

Author: 
Waste Management in Myanmar: Current Status, Key Challenges and Recommendations for National and City Waste Management Strategies Cover

This policy report reviews the current status of waste management in Myanmar and confirms that it remains at a preliminary stage, attributed to challenges at both the national and...

Policy Report
English
January 2017 Topics:

Pages