Sustainable Consumption & Production


Displaying 1 - 20 of 49

SDGs やパリ協定の実施へ向けて開発協力のあり方は大きな転換点にある。SDGs における目標間のトレードオフおよび両合意による大幅な低炭素化・資源効率性の向上という要請を踏まえ、途上国・新興国・先進国それぞれにおいてライフスタイルやビジネスモデルを含めた経済社会と生産・消費パターンの変革が求められている。本論説では、SDGs...

Author: 

持続可能な消費と生産

2016年12月に開催された神戸CSR研究会東京支部第15回例会において、持続可能な消費と生産に関する国際的な政策動向および、充足性アプローチと言う観点から、堀田康彦SCPエリアリーダーが発表を行った。

Author: 
In MATTER: International Journal of Science and Technology

Due to ever increasing demand, the electronics industry has been growing at a rapid pace, and therefore handling and management of Waste Electrical and Electronic Equipment (WEEE)...

Peer-reviewed Article
English
December 2016 Topics:

2016年12月8日に開催された 東京都市大学/IGES/SPEED研究会共催特別セミナー「持続可能な開発目標元年を振り返る」において、IGES SCPエリア・エリアリーダー堀田康彦が、「持続可能な消費と生産(SCP):持続可能な開発目標(SDGs)合意後の新たな政策動向」と題する講演を行った。これは、本年から開始された環境研究総合推進費・...

Author: 
Presentation
Japanese
December 2016 Topics:

2016年12月15日に開催された 第22回日本LCA学会・LCA日本フォーラム共催講演会において、IGES SCPエリア・エリアリーダー堀田康彦が、「アジアにおけるSCPに向けた国際連携」と題する講演を行った。これは、本年から開始された環境研究総合推進費・戦略的研究開発領域課題(S-16)の成果などを活用したものである。

Author: 
Presentation
Japanese
December 2016 Topics:
Cover Image

経済協力開発機構(OECD)が、2016年に9月に拡大生産者責任政策を導入するうえでの留意事項やガイダンスをまとめた『Extended Producer Responsibility—Updated Guidance for Efficient Waste Management』を発表しました。これは、2001年に発表された『 Extended...

Editor: 
Tomohiro
TASAKI
Policy Brief
Japanese
December 2016 Topics:

Past/On-going Research Projects on SCP in Other Regions: Case Study of EU Projects

The workshop to launch S-16 project in Asia was organised in October 20-21, 2016. Ryu Koide made a presentation on the mapping of the past and on-going research projects related to...

Author: 
Shinnosuke
SAWAMURA
Presentation
English
October 2016 Topics:

The workshop to launch S-16 project in Asia was organized in October 20-21, 2016. Yasuhiko Hotta made a presentation on how to reconsider conventional SCP typologies during the...

Presentation
English
October 2016 Topics:

In Parallel Session 3.4: sustainable production and consumption as core fields of transition at 8th LCS-R Net Annual Meeting in Wuppertal, Germany, Yasuhiko Hotta made a...

This report updates the 2001 Guidance Manual for Governments on Extended Producer Responsibility (EPR), which provided a broad overview of the key issues, general considerations,...

Editor: 
OECD
Policy Report
English
September 2016 Topics:

ISAP2016のパラレルセッション5「持続可能な消費と生産:アジアでのSDGs実施に向けたステークホルダー連携への第一歩」において、堀田康彦SCPエリアリーダーが発表した。

Presentation
Japanese
July 2016 Topics:

On 12-13 May 2016, OECD co-organized International Workshop on Extended Producer Responsibility in India: Opportunities, Challenges and Lessons from International Experience....

Author: 
Presentation
English
May 2016 Topics:

Food waste generation and treatment in the food supply chain in Japan

Conference Proceeding
English
March 2016 Topics:

SDGsにおける持続可能な消費と生産

Author: 
Presentation
Japanese
March 2016 Topics:

持続可能な消費と生産への移行を支援する国際的な取り組み「10YFP」

Author: 
PR/Newsletter
Japanese
February 2016 Topics:

SDGsにおける持続可能な消費と生産の政策パッケージ

Author: 
Presentation
Japanese
November 2015 Topics:

都市化が地域窒素収支に及ぼす影響評価と対策提案

Author: 
Conference Proceeding
Japanese
September 2015 Topics:

Pages