Governance & Policy Making


Displaying 1 - 20 of 196

Since the adoption of the 2030 Agenda for Sustainable Development in 2016, scientist have been studying its “indivisible whole” nature, with the objectives to propose viable methods...

Author: 
UNESCAP
Policy Report
English
May 2017 Topics:

This issue brief presents a brief overview of the current follow-up and review mechanisms of the Sustainable Development Goals. It then draws attention to five possible pitfalls to...

Issue Brief
English
April 2017 Topics:

日中韓三カ国の環境大臣は「日中韓三カ国環境大臣会合(TEMM)」を1999年以来毎年開催し、この枠組みのなかで、北東アジアの環境管理において主導的な役割を果たすとともに、地球規模での環境改善に寄与することを目指している。本パンフレットは、TEMMの概要について分かりやすくとりまとめたものであり、TEMM開催の背景・概要、これまでのあゆみ、組織構成、...

Author: 
環境省
PR/Newsletter
Japanese
April 2017 Topics:

This pamphlet provides a basic introduction to the Tripartite Environment Ministers Meeting among China, Japan, and Korea (TEMM). Contents include an introduction, brief history,...

Author: 
Ministry of the Environment, Japan
PR/Newsletter
English
April 2017 Topics:

Lack of economic opportunity has been identified as one of the important bottlenecks for achieving development and empowerment as a result of which several financial inclusion...

Book Chapter
English
April 2017 Topics:

In order to address waste management challenges of Phnom Penh City, development of waste management strategy is imperative to create among stakeholders common understandings on...

Author: 
Presentation
English
March 2017 Topics:

本業務は、アジア域内での環境協力の更なる促進を図るため、以下の5つを主要コンポーネントとし、これらの統合的実施を図り、CAIの幅広い普及と日本国の戦略的国際環境協力の推進に貢献することを目的とするものである。
1.アジアの都市における環境対策を強化するための概要調査、2.アジア諸国との各種会合支援及び調査業務、3.環境的に持続可能な都市(ESC)...

Commissioned Report
Bilingual English/Japanese
March 2017 Topics:

The objective of this work was to develop a research plan and propose how the three countries could move forward on joint research related to two of the priority areas in the Joint...

Commissioned Report
English
March 2017 Topics:

本業務は、この新たに策定された行動計画のうち、「気候変動対応」と「グリーン経
済への移行」の2分野に関連する共同研究について、これまで三カ国で実施してきた共
同研究の内容及び成果を踏まえ、今後の研究方針計画を策定し、中国及び韓国の担当者
と協議を行い、三カ国間で今後の進め方を提案することを目的とする。このほか、我が...

Commissioned Report
Japanese
March 2017 Topics:

本報告書は、これまでのASEANにおける環境に係る取組みの全体像を把握でき、また我が国が今後ASEANとの環境協力を検討する上で参考にするための日本語資料作成を目的とし、既存あるいは最新の資料をもとに情報収集をして整理したものである。本調査では、ASEANに関する概要とASEAN地域環境協力に関する発展と経緯を概観し、...

Author: 
Commissioned Report
Japanese
March 2017 Topics:

This article proposes a conceptual framework that identified five types of Goals, and explains the complex relationships among them. Means-type goals can be classified into five...

Commentary
English
March 2017 Topics:

国立環境研究所が開発した、インドネシア国ボゴール市のAIMモデルに資する、エネルギー消費実態等に係るデータや情報を、文献調査や中央政府並びに自治体政府職員へのヒアリングを通して、収集した。 次に、ボゴール市の気候変動対策として優先順位が高い、「公共交通の整備」および「環境配慮型建物制度」の詳細を、ボゴール農科大学とIGESの共催で、フォーカス・グループ・...

Commissioned Report
Japanese
March 2017 Topics:

急激に都市化する開発途上国の都市においては、経済成長を維持しながら快適で持続可能な都市環境を実現していくために、効率的な資源循環や省エネ施策を推進し、環境負荷を最小限に留める「低炭素でレジリエントな持続可能な社会」への移行が重要な課題となっている。昨今、都市・自治体を含む非国家主体の重要性が認識されている。本業務では、このような都市の重要性に鑑み、...

Commissioned Report
Japanese
March 2017 Topics:

2050 年までに温室効果ガスの排出を世界で半減させるためには、経済成長が著しいアジアにおいて、持続可能な低炭素社会の構築に向けた動きを加速させることが必要である。近年、経済成長著しいアジアの都市では、急激な都市化により、資源やエネルギー消費量が増大し、交通量増加に伴う交通渋滞が頻発しており、生活や経済活動に伴う廃棄物、排水、排ガス、温室効果ガス(GHG)...

Commissioned Report
Japanese
March 2017 Topics:

途上国の森林減少・劣化に由来する温室効果ガス排出の削減等(以下「REDD+」という。)は重要な気候変動対策であり、気候変動に関する国際連合枠組条約の第21回締約国会議(COP21)で合意された「パリ協定」にもその実施と支援を奨励することが明記されたところである。

REDD+の推進には、途上国に対する資金と技術の提供が必要とされているが、...

Commissioned Report
Japanese
March 2017 Topics:

Pages