Future Climate Regime


Displaying 61 - 80 of 95

Finance for Low-carbon Technology Transfer and Diffusion

Author: 
Presentation
English
February 2015 Topics:

UNEP TNA Analysis Study - Country Report Cambodia

Author: 
Commissioned Report
English
January 2015 Topics:
In Renewable and Sustainable Energy Reviews

In 20 09, Japan pledged to reduce its GHG emissions by 25% from 1990 levels by 2020 (“ Copenhagen Pledge” ). The achievement of the target depended largely on a large expansion of...

Author: 
Peer-reviewed Article
English
December 2014 Topics:
2020年以降の気候変動対策に関する米中合意目標の評価

2014年11月12日、米中首脳会談後の共同声明において、米国と中国が、以下のような温室効果ガス(GHG)の排出削減目標を発表した。
o 米国:2025年までにGHG排出量を2005年比で26~28%削減
o 中国:2030年頃までに、なるべく早い時期にCO2排出量を頭打ち(ピークアウト);...

Discussion Paper
Japanese
December 2014 Topics:
Towards ambitious INDCs: Linking research and policymaking

This report, jointly prepared by the Institute for Global Environmental Strategies (IGES), Japan, and the Energy Research Institute (ERI), China, aims to identify concrete ways the...

Working Paper
English
November 2014 Topics:
カーボン・バジェット・アプローチに基づく日本の中長期的な温室効果ガス排出経路

 本研究は、産業革命前からの地球温暖化を一定のレベルに抑制するための累積温室効果ガス(GHG)排出許容量である世界全体のカーボン・バジェットと、GHG排出削減努力の各国分担において広く参照される公平性基準に基づいた努力分担方法を用いて、日本に「公平」に割り当てられるカーボン・バジェットを算出した。同時に、日本について算出されたカーボン・...

Author: 
明日香 壽川
Hanna
FEKETE
Niklas
HÖHNE
Working Paper
Japanese
October 2014 Topics:

(公財)地球環境戦略研究機関は、本部のある湘南国際村(神奈川県葉山町)の研究機関ネットワークを活用して、一般の方々を対象とした講演会「湘南国際村アカデミア」を(公財)かながわ国際交流財団と毎年共催しています。 今年度は国立環境研究所 地球環境研究センター 気候変動リスク評価研究室長 江守 正多氏をお迎えして、本機関気候変動とエネルギー領域 ...

Author: 
Presentation
Japanese
September 2014 Topics:
Japan’s medium- and long-term GHG mitigation pathways under the carbon budget approach

This paper assessed Japan’s “fair” carbon budget consistent with the 2 °C target between 1990 and 2100 under three frequently referred effort-sharing approaches: Converging Per...

Author: 
Jusen
ASUKA
Hanna
FEKETE
Niklas
HÖHNE
Discussion Paper
English
September 2014 Topics:

Strategies for enhanced delivery of finance, technology and capacity building

Author: 
Presentation
English
September 2014 Topics:

2012年国連気候変動枠組条約(UNFCCC)第18回締約国会議(COP18)にて、気候技術センター・ネットワーク(CTCN)と呼ばれる仕組みが正式に設立された。CTCNはUNFCCCの下で気候変動対策に資する技術移転を促進するための国際メカニズムであり、国連環境計画(UNEP)を中心に13の機関によって運営されることとなっている。...

Conference Paper
Japanese
August 2014 Topics:

IGES made intervention at the UNFCCC Bonn Conference in March 2014. Technical Expert Meeting (TEM) took place as part of the Ad Hoc Working Group on the Durban Platform for Enhanced...

Presentation
English
March 2014 Topics:
In Carbon and Climate Law Review

Based upon the lessons from the current initiatives under the climate regime as well as relevant literature, this paper discuss specific steps and time frames that aim to add ex-...

Author: 
Jusen
ASUKA
Peer-reviewed Article
English
March 2014 Topics:

平成25年度 技術開発・移転等、気候変動対策に係る国際交渉関連調査業務報告書

Commissioned Report
Japanese
March 2014 Topics:

平成25年度環境研究総合推進費 アジア地域の低炭素型発展可能性とその評価のための基盤分析調査研究による研究委託業務報告書

Author: 
Jusen
ASUKA
Commissioned Report
Japanese
March 2014 Topics:

UNEP TNA Analysis study: Country Report-Indonesia

Report Chapter
English
January 2014 Topics:

短寿命気候汚染物質(SLCPs)の削減に関する現状と展望

Author: 
Presentation
Japanese
December 2013 Topics:

Pages