Policy Brief


Displaying 41 - 60 of 63
Green Economy for Sustainable Development: Japan should lead the policy shift towards global poverty alleviation

This policy brief explores the debate on the green economy concept for the United Nations Conference on Sustainable Development (UNCSD), to be held in Rio de Janeiro in 2012, and...

Policy Brief
English
June 2011
持続可能な開発につながるグリーン経済:日本は世界の貧困撲滅を重視した政策への転換を!

グリーン経済が大きな注目を集める中、2012年にリオデジャネイロで開催される国連持続可能な開発会議(UNCSD)に向けた議論や各国の取り組みについて整理するとともに、先進国のグリーン経済政策を世界の持続可能な開発につなげるための日本の役割について提言しています。

Policy Brief
Japanese
June 2011
違法な木材貿易阻止に向けた税関間の協力

熱帯途上国において違法伐採が森林劣化や森林喪失の大きな原因となる中、本ポリシー・ブリーフでは、税関間の協力により違法伐採された木材貿易を阻止する取り組みに焦点を当てたIGESとNGO(ザ・ネイチャー・コンサーバンシー)の共同研究による知見を紹介し、税関間のさらなる協力を促す具体的な選択肢や提言を明示している。

Policy Brief
Japanese
November 2010 Topics:
Customs Collaboration to Combat the International Trade in Illegal Timber

In tropical developing countries, illegal logging is a significant cause of forest degradation and can lead to permanent forest loss. This policy brief presents the findings from an...

Policy Brief
English
October 2010 Topics:
持続可能な開発に向けたアジアの再生可能エネルギー戦略

世界の成長の中心となりつつあるアジアは、低炭素社会への移行という大きな潮流の中で新たなエネルギー投資市場を構築し、世界に向けて持続可能な開発への道筋を示すことが期待されている。アジアでは2030年までに6兆ドルを超えるエネルギー部門への投資需要が予測されており、グリーンエネルギーへ戦略的に転換することが可能な状況にある。グリーンエネルギーへの転換は、...

Policy Brief
Japanese
October 2010
Renewable Energy: A Strategic Policy for Sustainable Development

There is ample evidence of underproduction of renewable energy across the world, in spite of there being the necessary resources to produce RE, including technology and finance. It...

Policy Brief
English
April 2010
堆肥化の推進と住民参加によるごみ削減:スラバヤ市の廃棄物管理モデル分析

一般に、途上国の多くの都市における最大の環境問題の一つは、不適切な廃棄物管理である。インドネシアのスラバヤ市もそのような深刻なごみ問題を抱える都市の一つであったが、2005年頃からの効果的な対策の実施により、4〜5年で廃棄物発生量を20%以上削減するという成果を成し遂げた。具体的には、市内に十数ヶ所の堆肥化施設(コンポスト・センター)を立ち上げ、...

Author: 
Policy Brief
Japanese
April 2010
Reducing Waste through the Promotion of Composting and Active Involvement of Various Stakeholders: Replicating Surabaya's Solid Waste Management Model

Solid waste management is a common, as well as a primary, environmental concern for many cities in developing countries. Despite the fact, Surabaya City, the second largest city in...

Author: 
Policy Brief
English
December 2009
環境調和型産業クラスター(EIC): 環境と連携した地域経済発展

 現在アジアの開発途上国では、産業活動の集中がもたらす負の影響に対処するための懸命な取り組みが行われている。産業エコロジー理論の影響を受けた多くの地域では、経済発展を阻害せずに産業の環境負荷を軽減する戦略として、エコタウンやエコインダストリアルパークが推進されている。これらのエコアプローチが採用されているのは、...

Policy Brief
Japanese
September 2008
合法で持続可能な木材の公共調達政策: 日本の政策強化を目指して

アジア太平洋地域の発展途上国で進んでいる森林減少の最大の要因は、違法かつ持続可能でない伐採である。違法伐採によって木材輸入国が安価な木材を大量に輸入できる一方で、輸出国の自然環境、森林の管理・経営(ガバナンス)、そして森林に依存して暮らしている人々の生活が犠牲になっている。木材輸入国においても発展途上国の適正な森林管理を促進する義務があることを認識して、...

Policy Brief
Japanese
July 2008 Topics:
Eco-industrial clusters: Enhancing regional economic development through environmental linkages

Developing countries in Asia are struggling to cope with the negative impacts of concentrated industrial activities. Inspired by the theory of industrial ecology, eco-towns or eco-...

Policy Brief
English
June 2008
Public Procurement Policies for Legal and Sustainable Timber: How to Strengthen Japan's Policy

This policy brief includes a comparative analysis between Japan's public timber procurement policy and those of several European countries. In addition to identifying a set of...

Policy Brief
English
March 2008 Topics:
アジアの農村地帯に適した造林活動計画:土地紛争回避が成功の鍵

先進国を中心とする木材需要の高まりに応じて、人工林の総面積は過去20年で10倍に拡大した。荒廃地等における人工林の増加は、天然林に対する伐採圧力を緩和し、気候変動の抑制、住民の生計への支援、国家の開発政策への寄与など、極めて重要な役割を担っている。

現在、世界の人工林の60%以上はアジアに存在している。近年におけるアジアの人工林面積の急激な拡大は...

Policy Brief
Japanese
December 2007 Topics:
Designing Forestation Models for Rural Asia: Avoiding Land Conflict as a Key to Success

Partly due to the worldwide upsurge in industrial demand for timber, the number of planted forests has increased ten-fold in the last 20 years. These planted forests currently...

Policy Brief
English
August 2007 Topics:
Foreign Carbon Credit Purchasing Options Open to Japan to Achieve the Kyoto Target

The Kyoto Protocol, adopted in 1997, committed industrialised countries to accept legally-binding targets to reduce greenhouse gas (GHG) emissions collectively by an average of 5%...

Author: 
Policy Brief
English
December 2006
京都議定書の目標達成に向けて:日本が海外から排出削減クレジットを取得するためのステップ

1997年に採択された京都議定書は、先進工業各国毎に異なる温室効果ガスの排出抑制・削減義務を課し、第一約束期間中(2008〜12年)に先進工業国全体として温室効果ガスを1990年比で少なくとも5%削減することを目標として定めている。国連気候変動枠組条約(UNFCCC)事務局が、2006年5月にとりまとめた京都議定書目標達成に向けた進捗状況に関する報告書(...

Author: 
Policy Brief
Japanese
December 2006
Rationalisation of Industrial Sector Water Use is the Key to Sound Groundwater Management

Many Asian cities have greatly relied on groundwater in the course of their development. Large populations and concentrations of industrial activity in urban areas intensified the...

Policy Brief
English
March 2006 Topics:
Information Access as a Vehicle for Sustainable Development in Asia: Establishing Regional Agreement in Asia

Access to environmental information is vital for promoting policies and measures conducive to sustainable development. It influences people's behaviour and promotes environmental...

Policy Brief
English
October 2005
森林減少への取り組み

Small forest enterprises are a feature of forestry in many tropical countries and could play an important role in supplying certified timber to Japan and other importer countries,...

Author: 
Policy Brief
Japanese
October 2005 Topics:
アジアにおける環境情報公開の促進と地域協定の導入

Asian countries see many challenges for establishing freedom of information laws. The region must collaborate now to develop a policy instrument that promotes the disclosure of...

Policy Brief
Japanese
October 2005

Pages