Kankyo Kagaku Kai


Displaying 1 - 4 of 4

横浜市、北九州市において社会調査を実施し、市民の自発的なカーボンオフセットを通じた途上国低炭素型発展への貢献可能性について検討した。日本政府の京都議定書達成目標を超えて温室効果ガス排出を削減する世界貢献型オフセットがさらに利用される可能性はあるが、オフセットの理解が不足していることのほか、...

Author: 
Takaaki
KATO
Conference Proceeding
Japanese
September 2011
In Kankyo kagaku kai shi (環境科学会誌)

日本の環境国際協力では,市民への環境教育など市町村が持つ経験が活用されている。しかし,財政難によって市町村による環境国際協力にも地元への見返りが求められ始めており,国際協力の内容が制約されるおそれがある。本稿では,市町村の強みを活かす環境国際協力を継続するために,市町村中心で行うエコポイント事業からの寄付の活用について検討した。第一に,2010 年12...

Author: 
Takaaki
KATO
Peer-reviewed Article
Japanese
July 2011
In Kankyo kagaku kai shi (環境科学会誌)

一般市民を対象とした社会調査を横浜市と北九州市で行い,地球温暖化及び国際協力に関する態度から市民をグループ分けし,都市間環境国際協力に対する支持構造を明らかにした。調査では都市間環境協力の支持の程度,及び協力において重視する点,日本政府の京都議定書達成のための途上国からの排出枠利用に対する考え方,日常生活における温暖化対策行動の実施状況,ボランティア実績,...

Author: 
Takaaki
KATO
Peer-reviewed Article
Japanese
March 2011

市民による環境保全活動と国際協力:エコポイント事業に着目して

Author: 
Takaaki
KATO
Conference Proceeding
Japanese
September 2010