Eastern Asia


Displaying 161 - 180 of 1198

This pamphlet provides a basic introduction to the Tripartite Environment Ministers Meeting among China, Japan, and Korea (TEMM). Contents include an introduction, brief history,...

Author: 
Ministry of the Environment, Japan
Commissioned Report
English
April 2017 Topics:

日中韓三カ国の環境大臣は「日中韓三カ国環境大臣会合(TEMM)」を1999年以来毎年開催し、この枠組みのなかで、北東アジアの環境管理において主導的な役割を果たすとともに、地球規模での環境改善に寄与することを目指している。本パンフレットは、TEMMの概要について分かりやすくとりまとめたものであり、TEMM開催の背景・概要、これまでのあゆみ、組織構成、...

Author: 
環境省
Commissioned Report
Japanese
April 2017 Topics:

「20年後の日本人は日々の生活ができているか」
「20年後に世界の環境は破綻していないか」
この問いかけに答えられる社会を築くため、企業の経済活動や社会基盤=自治体や政府などが認識するべき”具体的な行動目標“が「SDGs=持続可能な開発目標」です。
 
一般社団法人グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン(...

Policy Report
Japanese
April 2017 Topics:

The objective of this work was to develop a research plan and propose how the three countries could move forward on joint research related to two of the priority areas in the Joint...

Commissioned Report
English
March 2017 Topics:

本業務は、この新たに策定された行動計画のうち、「気候変動対応」と「グリーン経
済への移行」の2分野に関連する共同研究について、これまで三カ国で実施してきた共
同研究の内容及び成果を踏まえ、今後の研究方針計画を策定し、中国及び韓国の担当者
と協議を行い、三カ国間で今後の進め方を提案することを目的とする。このほか、我が...

Commissioned Report
Japanese
March 2017 Topics:

The brochure on the Japan-France Collaboration on Long-Term Low Carbon Strategies, developed by the Institute for Global Environmental Strategies (IGES), gives an overview of the...

PR/Newsletter
English
March 2017 Topics:

The fact sheets aim at providing updated information on the status of national climate policy and market mechanisms including the CDM, GHG emissions and NAMAs for Cambodia, China,...

Data/Tool
Japanese
March 2017 Topics:

The Climate Policy and Market Mechanism Status Report aims at providing updated information on the status of national climate policy and market mechanisms in the selected countries...

Data/Tool
English
March 2017 Topics:

途上国の森林減少・劣化に由来する温室効果ガス排出の削減等(以下「REDD+」という。)は重要な気候変動対策であり、気候変動に関する国際連合枠組条約の第21回締約国会議(COP21)で合意された「パリ協定」にもその実施と支援を奨励することが明記されたところである。

REDD+の推進には、途上国に対する資金と技術の提供が必要とされているが、...

Commissioned Report
Japanese
March 2017 Topics:

REDD+の効果的な実施に向けた具体的な方策を示すため、REDD+の国際的な制度の動向等について多角的に調査・分析を行い、得られた結果について体系的に整理した。1-1ではUNFCCCを中心とした国際的な議論の動向について取りまとめた。1-2では、既存のクレジット制度である京都メカニズムの共同実施に注目した。1-3では、現在進んでいるREDD+...

Commissioned Report
Japanese
March 2017 Topics:

近年自動撮影カメラの技術的発達により、中大型哺乳類の長期モニタリングが非常に容易になった。このことから今後、中大型哺乳類の生態について多くの生態学的知見が新たに得られることが予想される。その一例として京都大学芦生研究林上谷の152 haの範囲に20ランダム点を選定し、自動撮影カメラを設置して2013年~2016年の4年間、...

Author: 
Yoshihiro
NAKASHIMA
Hidemi
NAGANO
Rintaro
IKEGAWA
Atsushi
TAKAYANAGI
Presentation
Japanese
March 2017 Topics:

本業務は、アジア域内での環境協力の更なる促進を図るため、以下の5つを主要コンポーネントとし、これらの統合的実施を図り、CAIの幅広い普及と日本国の戦略的国際環境協力の推進に貢献することを目的とするものである。
1.アジアの都市における環境対策を強化するための概要調査、2.アジア諸国との各種会合支援及び調査業務、3.環境的に持続可能な都市(ESC)...

Commissioned Report
Bilingual English/Japanese
March 2017 Topics:

本報告書では、アジアの都市の低炭素化やレジリエンス強化に一層資するために、アジアの都市が抱えている環境課題を、既存の資料や東アジア首脳会議環境大臣会合(EAS EMM)やASEAN 加盟国等の主要なステークホルダー等を対象としたアンケートや聞き取り調査等を実施することで抽出した。また、その課題に対し、...

Commissioned Report
Bilingual English/Japanese
March 2017 Topics:
IGES Briefing Note on Green Bond Guideline

今般、環境省において「グリーンボンドガイドライン2017年版」(以下、本ガイドライン)が公表された。専門家による検討会、海外の市場関係者や第三者委員会からのインプット、パブリックコメント等を経たものとなっており、今後の日本国内におけるグリーンボンド市場の普及に貢献することが期待される。
本稿では、本ガイドラインの特徴を整理した上で、...

Author: 
Briefing Note
Japanese
March 2017

The High-Level Seminar (HLS) on Environmentally Sustainable Cities (ESC) is organised annually to gather influential East and Southeast Asia policymakers, experts and practitioners...

Conference Proceeding
English
March 2017 Topics:

この報告書は、川崎市が、環境省、国連環境計画国際環境技術センター(UNEP IETC)および地球環境戦略研究機関(IGES)との緊密な協力により、開発途上国に対して、日本の中
央政府および地方自治体における経験から廃棄物処理について学んでもらうことを目的として作成した。

Author: 
Mushtaq
MEMON
Kawasaki City
Policy Report
Japanese
February 2017 Topics:

Pages