Eastern Asia


Displaying 101 - 120 of 1198

中国排出量取引制度の現状につて紹介しました。

Author: 
Non Peer-reviewed Article
Japanese
March 2018 Topics:

OECC主導の「平成29 年度中国におけるコベネフィット型低炭素社会構築支援方策調査・検討委託業務」の一環として、中国からの研修員を対象とした訪日研修を実施した。この訪日研修において、江蘇省と福岡県の都市間連携モデル事業(VOC 対策関連設備含む)に関する講義を行った。

Author: 
Presentation
Japanese
March 2018 Topics:

環境省の請負事業により、韓国の環境影響評価制度・運用実態について、調査を実施し、とりまとめた報告書。韓国の環境影響評価手続きに係る基礎情報、国際的な環境影響評価手続き・基準との比較と注意点、環境影響評価の実施実績とこれを取り巻く状況、関連する現地政府機関・国際機関のコンタクト、その他参考資料等が盛り込まれている。

Author: 
Masami
TSUJI
Kong Jang
CHO
Ji Young
KIM
Young Soo
LEE
Commissioned Report
Japanese
March 2018 Topics:

平成29年度 気候変動対策に係る国際交渉関連調査業務 報告書

本報告書は、環境省委託事業「平成29 年度気候変動対策に係る国際交渉関連調査業務」に関する成果をまとめたものである。

Commissioned Report
Japanese
March 2018 Topics:
CoverImage_IPBES-J2018Report

IPBES における5カ年(2014-2018 年)の作業計画を踏まえ、IPBES総会、学際的専門家パネル(以下「MEP」という。)、専門家会合、タスクフォース等の会合における議論に我が国が貢献できるように、国内専門家等によって構成される執筆のための情報共有の場の設定や専門家ヒアリング等を通じて科学的知見に関する情報を整理・収集するとともに、...

Author: 
Commissioned Report
Japanese
March 2018 Topics:

This presentation outlines the historical progress of cement industry in China and the major challenges in recent years. Applying the results from our survey analysis in earlier,...

Author: 
Presentation
Japanese
March 2018 Topics:

This is a final report on the project for promoting Asian regional collaboration on Environmental Impact Assessment (EIA), under a lump-sum contract with Ministry of the Environment...

Commissioned Report
Japanese
March 2018 Topics:

This brochure of the Japan-France Collaboration on Climate Change and Long-Term Low Carbon Strategies gives an overview of the activities undertaken in 2017-2018 under the...

PR/Newsletter
English
March 2018 Topics:

環境省の委託事業「平成29年度海外におけるCO2排出削減技術評価・検証事業」における活動の一環として、IGES-KRCがインドのエネルギー資源研究所(TERI)と共同で2016年度に設立しインドで運用をおこなっている二国間の様々なステークホルダーのマッチングを通してインドにおける日本の低炭素技術の普及促進を目指すイニシアチブである、日本-インド ...

Author: 
PR/Newsletter
Japanese
February 2018 Topics:
TOPIXの2度目標整合性検証

2016年~2021年の5年間で、電力、自動車、化石燃料生産の3部門のうちTOPIX構成銘柄である企業が生産・利用を計画しているエネルギーと技術が、2℃目標に対して不足または超過していることが示された。

電力部門:TOPIX構成銘柄の電力部門における再生可能エネルギーの設備容量は、2℃目標を達成するために必要な設備容量を下回る。一方、ガス、...

Author: 
Chenet
HUGUES
Klaus
HAGEDORN
Michael
HAYNE
Takako
WAKIYAMA
Policy Report
Japanese
February 2018 Topics:
2 degree testing TOPIX

This report compares the energy and technology exposure of the Tokyo Stock Price Index (TOPIX) stock market index with the 2°C roadmap of the International Energy Agency (IEA). The...

Author: 
Hugues
CHENET
Klaus
HAGEDORN
Michael
HAYNE
Takako
WAKIYAMA
Policy Report
English
February 2018 Topics:

商品作物の国際的サプライ・チェーンが途上国の森林減少に大きな影響を与えている。森林破壊に由来する商品作物を原料として利用する企業に対する批判が高まり、これに対応して森林減少を伴わない形で生産された作物をサプライ・チェーンの中で取り扱う「ゼロ・デフォレステーション」の取り組みが始まっている。2014年に「森林に関するニューヨーク宣言」...

Briefing Note
Japanese
February 2018 Topics:
SDG interlinkages and core indicators
In Bulletin of Chinese Academy of Sciences

The 2030 Agenda for Sustainable Development, adopted by the United Nations in 2015, set 17 global Sustainable Development Goals (SDGs) with 169 targets. 232 indicators were proposed...

Author: 
Tiantian
FENG
Ming
XU
Peer-reviewed Article
Chinese, Simplified
January 2018 Topics:
In Energy Policy

This study assesses the regional energy mix potentials of Japan for maximised renewable electricity generation and reduced CO2 emission intensity in the electricity sector, in view...

Peer-reviewed Article
English
January 2018 Topics:

中国の長期戦力の策定プロセスについて整理しました。

Author: 
Non Peer-reviewed Article
Japanese
January 2018 Topics:

The feasibility of the commitment for climate mitigation encapsulated in the NDC of Japan may be hindered by the uncertain situation of nuclear power supply. We developed scenarios...

Author: 
Shinichiro
FUJIMORI
Mikiko
KAINUMA
Presentation
English
January 2018 Topics:

The feasibility of the commitment for climate mitigation encapsulated in the NDC of Japan may be hindered by the uncertain situation of nuclear power supply. We developed scenarios...

Author: 
Shinichiro
FUJIMORI
Mikiko
KAINUMA
Conference Paper
English
January 2018 Topics:

Pages