Commentary
Topics: Region/Country: Language:
Japanese

企業報告書から見るSDGs活用の現状と課題~SDGコンパスを主軸に

2016-11

2015年の持続可能な開発目標(SDGs)の採択から約1年が経過し、また、今年3月には、国連グローバル・コンパクト(UNGC)等による「SDGコンパス:SDGsの企業行動指針-SDGsを企業はどう活用するか-」(日本語版)が、グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン(GCNJ)/IGESの共同翻訳を通じて発表された。こうした背景の下で、特に国内外のUNGC/GCNJ加盟企業を中心としてSDGsへの取り組みが加速されており、企業によってはSDGsの経営への統合を図っている動きも見られている。しかし、企業のこうした取り組みは、社内でどのような議論やプロセスを経て、どの程度まで進んできているのだろうか。海外では既にUNGCや持続可能な開発のための世界経済人会議(WBCSD)を中心に、企業の取り組み事例を示すポータルサイトの運営など、事例の共有が始まっている。日本でもSDGsをいち早く取り入れたことを発表した一部企業による先進事例の共有も始まっているが、未だ少数にとどまっている。
そこで、今般、各企業のCSR/サステナビリティ報告書も出揃ったところ、本コメンタリーではこれら報告書をもとに現状の整理を試みている。

Related Website: