Commissioned Report
Language:
Japanese

平成30年度グリーンボンド発行促進体制整備支援事業に係るグリーンボンド発行促進プラットフォーム整備委託業務 業務報告書

Editor: 
2019-03

低炭素化事業に民間資金を導入するための有効なツールとして、近年、国際的にはグリーンボンドの発行・投資が大変活発になってきており、我が国においてもグリーンボンド発行事例が出始めてきているところであるが、現状においてグリーンボンドの普及は、海外に比べ、また、上記目標の達成に向け民間資金を大量に導入していく必要がある中で、十分とはいえない。グリーンボンドの発行のためには、通常の債券発行手続に加え、グリーンボンド発行に係るフレームワークの検討・策定が必要であるため、グリーンボンド市場の自律的な形成・発展に向けては、そのサポート業務を的確に行える主体の存在が重要となる。

このような状況を踏まえ、「グリーンボンド発行促進プラットフォーム」(以下「プラットフォーム」という。)におけるグリーンボンドの発行支援を行う者として登録を受けた者の登録情報の公表、発行事例の情報共有や国内外の動向分析、市場関係者への情報発信等を行うグリーンボンド発行促進プラットフォームを整備することを目的として、実施した。